京都府建築工業協同組合 職人の伝統と精神を守る建築組合

ホーム > お知らせ
 

お知らせ



京都市耐震ネットワーク 普及啓発・情報提供協力業者の募集について

「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業」は好評の内に6月末に年間予定数を終え、京都市内の潜在的な耐震改修需要の大きさを示しました。ただちに本組合はこの事業の年度内再開を求めて、京都市に要望書を提出いたしました。再度予算化されるようであれば、皆様にお知らせいたします。

現在京都市は東日本大震災をきっかけに、市内の震災対策を見直し、一層の住宅耐震補強をすすめる予定ですが、その一つとして「京都市耐震ネットワーク」によって、各学区を廻り、防災面からの住宅耐震補強を促進するローラー作戦を計画しています。このネットワークでは京都市(公社)、各自治会、工務店、設計者でグループを作り啓蒙活動をおこないます。

このため「京都市耐震ネットワーク」では、この事業に協力できる工務店の募集を行います。協力事業者になると、京都市住宅供給公社耐震支援窓口のHPに掲載されます。
本組合で応募の取りまとめを行いますので、応募を希望されるは、所属各支部か組合本部へ応募用紙を請求してください。

◇募集定員は15名。締切は8月31日まで。


恒例の組合主催聖徳太子賛仰法要

組合員物故者追悼法要は千本釈迦堂で10月28日(日)に開催されます。

ただいま各支部で聖徳太子賛仰会券1000円と弁当券500円、建築安全、家業繁栄、諸願成就祈願の護摩札30円の受付を行っています。 組合員皆様のお申し込みをお願いいたします。


子供向けすまいスクール本組合による開講。

8月18日(土)、京都市すまい体験館セミナー室において、本組合役員並びに有志によって子供向け住まいスクール「体験しよう!家づくり 昔の家・今の家」を開講しました。

夏休みの小学生を対象に、昔の家と今の家の違い、継ぎ手の実物見本、昔の家(伝統的軸組構法)と今の家(在来構法)の大型模型の組立体験などによって、子供達に木造の家作りを学んでもらいました。


組合恒例レクリエーション大会

9月30日(日)滋賀農業公園ブルーメの丘・滋賀竜王アウトレットパークの参加申込は、早めに各支部まで。


◇交災審査会8月の取り扱い事故件数3件です。


ページトップ