京都府建築工業協同組合 職人の伝統と精神を守る建築組合

ホーム > お知らせ
 

お知らせ


第2回 設計施工ワーク研修会 安全な木造密集市街地をつくるための木造建築の防耐火設計

〜出火防止・避難安全・延焼抑制・消防活動支援〜

第2回の設計施工ワークは、長年木造建築の防耐火の研究と開発に様々な成果を上げ、今もトップランナーとして活躍されている早稲田大学の安井昇先生を講師にお迎えします。

今回は伝統木造に限らない、木造住宅全般の防耐火構造についてお話をしていただきます。

安井先生からの研修内容のメッセージ

昨年12月22日に起こった新潟・糸魚川の大火では、準防火地域指定以前に建設された建物が連鎖的に燃えて大規模な市街地火災となりました。京都市内も同様の火災が起こる可能性はゼロではありません。

火災は、出火→室火災→建物火災→市街地火災へと成長する災害であり、できるだけ早いタイミング で消火できれば大きな被害を防ぐことができます。

建物使用者・設計者・施工者がそれぞれ火災に対して事前に出火防止・避難安全・延焼抑制対策をすることで大火にはならず、消防活動により鎮火につながります。

安全な木造密集市街地をつくれるように、木造建築の防耐火設計を知っていただければと 思います。

日時 10月5日(木) 午後6時30分
場所 ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館) 4階 第5会議室
烏丸丸太町下る東側(地下鉄烏丸線丸太町駅下車⑤出口)
TEL:222-1777
講師 安井昇
桜設計集団代表 一級建築士 工学博士、早稲田大学理工学研究所 招聘研究員
NPO法人 team Timberize 副理事長、 NPO法人 木の建築フォラム 理事
開催案内・参加申込は、各支部或いは本部までご請求ください。


建設国保 H29年度 第一回 健康講座 「健康寿命を延ばしましょう 〜ロコモにならないために〜」 ご案内

建設国保京都府建築支部では、組合員の健康増進を目的とする保険事業として、毎年2回健康づくり活動「健康講座」を開催しています。

今回は、要介護や寝たきりにならずに、健康で元気に長生きする健康寿命を伸ばす基本として、骨や関節、筋肉などの衰えによって歩行や立ち座りなど日常生活の動作に障害が生じる「ロコモーティブシンドローム」にならないよう、その予防について学びます。

また、予防のための簡単なトレーニングや運動についても指導します。ぜひ多数ご参加下さい。

開催日時 9月8日(金) 午後2時より午後4時
会場 京都アスニー 3階 第2研修室 (丸太町 七本松西)
講師 健康運動指導士・ヘルスケアトレーナー 齋藤 直子
参加 無料
※案内状・参加申込は、各支部或いは本部までご請求ください。


聖徳太子賛仰法要・組合員物故者追悼法要のお知らせ

本組合では、大工職人が我国建築技法の祖と仰ぐ聖徳太子を祭る太子講の伝統を守り、毎年秋に千本釈迦堂において聖徳太子賛仰法要を開催しています。本年も千本釈迦堂住職、菊入諒如師を導師として下記の要領で厳修いたします。また併せて組合員物故者追悼法要も行います。聖徳太子賛仰法要は太子堂で、組合員物故者追悼法要は国宝の本堂で行われます。

また当日は、おぜんざいの接待もご用意しております。組合員の皆様、ぜひ千本釈迦堂で開催される京都府建築工業協同組合の秋の法要にご参加ください。

開催日時 10月29日(日) 午前10時より太子法要
開催場所 千本釈迦堂 大報恩寺 上京区七本松通今出川上ル

8月より各支部において聖徳太子賛仰会券と、ご参拝のお弁当のお申し込みを受け付けています。
併せて建築安全、家業繁栄、諸願成就の祈祷護摩札のお申し込みも受け付けています。

聖徳太子賛仰会券 1,000円
建築安全、家業繁栄、
諸願成就の護摩札
30円
当日ご参拝のお弁当は、 賛仰会券お求めの上に500円でお申し込みください。


木造建築物の組立作業主任者講習 ご案内

開催日 9月12日(火)・13日(水)
開催場所 京都府建築工業協同組合 本部
受講料 10,180円 テキスト代含む
受講資格 18才以上 実務経験3年以上
締 切 8月28日(月)まで
写真 縦3.5×横4.5cm 2枚
申込みには、本人確認のため運転免許証か、住民票(原本)の提示が必要です。
開講案内、受講申込書は各支部または本部にあります。


玉掛け技能講習 ご案内

学科日時 場所 10月12日(木)・13日(金) 中小企業会館 西大路五条下る東側
実技日時 場所 10月14日(土) (株)島津製作所紫野工場 堀川紫明通上る西側
受講資格 18才以上 実務経験3年以上
写真 縦30mm×横24mm 1枚
受講料 18,360円
テキスト代 1,500円
締 切 定員80名になり次第 締切
案内、申込書 各支部または本部にあります
詳細の問い合わせ先 (公)京都労働基準協会 TEL:075-321-2731
開講案内、受講申込書は各支部または本部にあります


京都市消防局からのお知らせ 厨房の火災が増加中!

京都市消防局より、厨房のガスコンロ設備が壁に近いことや、長い排気ダクトで遮熱材や可燃物との適正な距離がとらていないなどの条件から、たとえ表面がタイル張りなどの不燃材でも、長時間の加熱により内部で炭化して出火にいたる(低温出火)ケースの増加について、施工に対する注意の呼びかけがありました。

食堂など不特定多数の使用する業務用の厨房の施工では、あらかじめ消防署へ相談して、京都市火災予防条例に定められた、厨房設備から壁までの距離や、排気ダクト・排気フードの施工方法についてご確認下さい。

問い合わせは、京都市内各消防署まで電話でおたずね下さい。



「土塗り壁と化粧の軒裏の防火マニュアル」の配布について

本組合が伝統木造の防火性能を証明し、新たな防火構法を開発して発刊した「土塗り壁と化粧軒裏の防火マニュアル」は6年を経過して、このたび国土交通省告示の外壁防火構造に仕様が追加されたのを機に改訂版を発行いたしました。

国土交通省告示や大臣認定を受けた、京町家などの伝統木造建築の建設や改修工事に用いる防火構法の施工法について、判りやすく図示した指導書です。

組合員皆様に無料でお渡しいたします。ご希望の方は「土塗り壁と化粧軒裏の防火マニュアル」希望と、各支部にお申し出下さい。



ページトップ