京都府建築工業協同組合 職人の伝統と精神を守る建築組合

ホーム > お知らせ
 

お知らせ


設計施工ワーク 京都市 住宅のリフォームに利用可能な公的制度一覧 研修会 ご案内

今年度第一回の設計施工ワーク研修は、京都市の住宅リフォームに関する様々な補助金制度について、直接京都市の担当者の皆さんをお迎えして、ご説明をいただきます。
現在京都市には耐震改修、エコ住宅、景観保全の京町家改修などの多種多様な住宅リフォームへの補助制度がありますが、私たちも知っている制度と、まだ知らない制度もあるように思います。このような京都市の補助制度について、横断的かつ網羅的に理解する機会としてこの研修会を開催いたします。
この機会に多く組合員皆様のご参加をお待ちしています。

日時 8月4日(金)PM6:30
講師 京都市 補助制度担当者の皆さん
会場 ハートピア京都 4F第4・5会議室(烏丸丸太町下る東側 TEL:222-1777)
研修会の案内
申込用紙の請求先
所属各支部または組合本部までお問い合わせください


全建連「登録建築大工基幹技能者認定講習」京都(西日本)開催のご案内

木造建築技能者の現場作業能力に有資格者として信頼と評価を確立する「全建連 建築大工基幹技能者認定講習会」が、西日本での開催として建築組合の本部で開催されます。 一昨年スタートした新しい技能者資格制度ですが、施工現場の資格としての評価が社会に浸透するにつれ受講者の増加が予想され、現在全建連によって全国での講習開催が進められています。

開催日 8月29日(火)・30日(水)
会場 建築組合会議室
受講料 3万円
締切 8月20日まで
お申込み 申込案内は各支部にあります
修了証 修了試験合格者に修了証発行(5年有効)
受講資格

「建築大工工事10年の実務経験」かつ「実務経験中3年以上の職長経験」を有し
次の何れかの資格を持つ者。

  • ① 一級建築大工技能士
  • ② 一級建築施工管理技士
  • ③ 二級建築施工管理技士

《登録基幹技能者とは》

高い作業能力と豊富な知識で、効率的な現場作業の管理能力を有する者として認められた者です。
とくに登録建築大工基幹技能者は、各専門工事業の基幹技能者の管理調整役として、
高度な技能のみならず、高い管理能力が求められます。

《基幹技能者資格のメリット》

① 国や自治体の入札の加点。
② 基幹技能者として施工品質・安全性・作業工程等への信頼向上。

《厚生労働省助成金制度適用》

申請は一週間前までに、労働局助成金センター等への事前計画の提出が必用。
雇用保険制度に加入する中小建設業の事業所で、
① 会社負担で受講させた場合(経費助成)受講料3万円の3/4支給。
② 有給で受講させた場合(賃金助成)7,600円×講習日数



STOP!熱中症熱中症は7〜8月がピーク、熱中症を正しく理解して予防しましょう

熱中症とは

◎高温多湿な環境で身体のバランスが崩れ、体温調節機能が働かず体内に熱がたまり、めまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉痛や大量の発汗、 吐き気や倦怠感等がおこり、 重症になるとけいれん、高熱、意識障害が起る。
◎気温や湿度以外にも体調不良、暑さに慣れてないなど各人の体調によっても発症。室内でも熱中症で救急搬送されたり死亡する事もある。熱中症の半数は高齢者で、子供や障害のある方も注意が必要。

熱中症の予防法  「水分補給」と「暑さを避けること」

◎こまめな水分・塩分、経口保水液などの補給
◎屋外作業では、涼しい場所での早めこまめな休憩。作業時間の短縮。身体を冷やす水や氷、保冷剤の用意。高温多湿環境へは徐々に身体を慣らす。監督者は作業者の様子に注意し、 WBGT値(気温、湿度、輻射熱から算出する暑さ指数。スマホから環境省熱中症予防サイト参照)の把握。
◎室内では扇風機やエアコンで積極的に温度調整。換気や遮光カーテン、すだれ、打ち水なども効果的。
◎通気性の良い吸湿・速乾の衣服の着用。日傘や帽子の着用。
◎暑い時間の外出は避ける。
◎熱中症予防の正しい知識をもち、自分の体調の変化と周囲の人に気を配り互いに予防を呼びかける。

熱中症になっても、適切な応急処置で救命できます

◎熱中症が疑われる人をみかけたら…
1.涼しい場所へ避難させる。
2.衣服をゆるめて、身体を冷やす。
3.水分・塩分・経口保水液などを補給させる。
☆意識がない場合や、自力で水が飲めない場合は、直ちに救急車を呼ぶ。



ページトップ