京都府建築工業協同組合 職人の伝統と精神を守る建築組合

ホーム > お知らせ
 

お知らせ


京都ものづくりフェア2017 −11月11日(土)12日(日)−

京都ものづくりフェアは様々なものづくりの仕事を、広く一般の皆さんに知ってもらう京都府の催しで、実演や展示に製作体験コーナー、即売会などが大人気のイベントです。ぜひご来場下さい。建築組合も毎年、大工さんの仕事に親しんでもらおうと木工教室で参加しています。組合の仲間の皆さんが木工教室の指導でがんばっています。ご来場の節は、応援のお声かけよろしくお願いします。

入場 無料
会場 京都府総合見本市会館 パルスプラザ
地下鉄竹田駅とパルスプラザ間を、無料のジャンボタクシーが運行しています。

1・2級技能検定 (建築大工) 合格を目指す、組合主催 受検準備講習会

製図から加工、学科まで建築組合先輩技能者のていねいな指導で合格率が確実にアップします。参加費用は、材料費やテキスト代の実費だけです。技能検定にチャレンジしてみませんか。

実技講習1・2級合同

  製図講習 加工講習
日程 11月9日(木)、16日(木)、24日(金)
PM6時〜9時
12月3日(日)、10日(日)、
平成30年1月7日(日) AM10時〜PM4時
会場 組合会議室 (株)福井 大原工場
参加費 材料代 1級12,000円、 2級10,000円

学科講習1・2級合同

日程 平成30年1月17日(水)、24日(水) PM6時〜9時
会場 よしやまちの町家(組合本部向かい側)
参加費 テキスト代 2,808円

住宅省エネ 施工技術者講習会(半日)の追加ご案内

  京都市会場 宮津会場
日程 平成29年11月26日(日)・12月10日(日)
平成30年1月14日(日)
いずれも13:00〜17:25
平成30年1月21日(日)
13:00〜17:25
会場 第8長谷ビル
(京都市下京区烏丸仏光寺下ル)
みやづ歴史の館
定員 60名 30名


玉掛け技能講習 ご案内

 日時・会場
学科講習 12月7日(木)8日(金) 中小企業会館 西大路五条下る東側
実技講習 12月9日(土) (株)島津製作所紫野工場 堀川紫明通上る西側
受講資格 18才以上 写真 縦30o×横24o 1枚
受講料 18,360円(税込) テキスト代 1,500円(税込)
締 切 定員80名になり次第 締切 案内、申込書 各支部または本部にあります
詳細の問い合わせ先 (公)京都労働基準協会 TEL 075-321-2731

「京都市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例」包括同意基準
京都市主催 平成29年度 専門家向け実践講習会のお知らせ

京都市は京町家等歴史的建築物の保存活用を推進するため、建築基準法適用除外規定を活用した標記条例を定めていますが、京町家の民泊活用などの促進のため、標準的規模(小規模)の京町家を対象に基準法適用除外の技術的基準『建築審査会の包括同意基準』を設け、本年4月から運用を行っています。この度京都市ではこの包括同意基準普及のため、下記の通り建築の専門家向け実践講習会を開催します。京町家の保存的改修工事に大切な講習会です。ぜひご参加下さい。

  • @長江家住宅の工事現場見学 (包括同意基準適用第一号の現場) 定員 各回20名
    11月8日(水) 13:00〜14:30 15:00〜16:30 の2回 長江家現場
  • A耐震診断(京町家型標準設計法)に関する実践講習会(同法計算ツールの使い方) 定員15名
    11月17日(金) 14:00〜16:00 ひと・まち交流館 ワークショップルーム1
  • B京町家を対象とした包括同意基準の解説と演習(同基準を適用した設計の演習) 定員15名
    11月22日(水) 14:00〜16:00 ひと・まち交流館 ワークショップルーム1
※案内及び申込書は各支部または本部へ請求。或いは表題でネット検索、申込み案内ダウンロード。



全建連主催「ZEH(ゼッチ)で確実に受注するシンプルな仕組みを学ぶ!」勉強会

開催日時 11月9日(木) 14:00〜16:30
京都会場 京都市国際交流会館 第2会議室(京都市左京区粟田口鳥居町2-1)

国のエネルギー基本計画では、2020年までに注文戸建住宅の過半数でZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指していますが、この度全建連によって皆様がZEH等高性能住宅の受注に取り組むための勉強会が全国29都市で開催されます。ZEH等高性能住宅・国内トップランナーである株式会社低燃費住宅ネットワークより講師を招いて低燃費住宅の取り組み経緯や成功事例を紹介いたします。
※申込書および詳細案内については、各支部又は本部へお問い合わせください。



第3回 設計施工ワーク 研修会
「重要伝統的建造物群保存地区 加賀橋立、北前船の里資料館 見学」のご案内

北前船は江戸から明治にかけて北海道と大阪を日本海航路で往復し、船主は各地の物産の買付と販売で莫大な富を築きました。北前船の船主が多く暮らした加賀橋立は、青い笏谷石の石垣に舟板を用いて板塀を廻らし、赤瓦を葺いた特徴的な船主の館が町並みを形成し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。明治9年に一千坪の敷地に建てられた船主酒谷長兵衛の豪壮な館は各地から集めた最高の木材を使い、かつての北前船の繁栄と蓄財を物語る資料館として公開されています。伝建地区の町並と船主酒谷邸の見学には、地元のボランティアガイドによる解説をお願いしています。この機会に、ぜひ多数ご参加下さい。

開催日 平成29年11月26日(日)
集合・出発時間 午前8時(時間厳守)
集合場所 京都駅八条口観光バスプール(観光バスで出発)
定員 40名で締切
会費 4,000円(昼食代含む)当日徴収
※案内及び申込書は各支部または本部へ請求。

死亡労働災害多発警報の発令について 京都労働局

平成29年8月末、京都府内の労災死亡者数は13人(前年比216%)、休業4日以上の死傷者数が1,355人(前年比108%)と増加したことにより、取り組むべき労働災害防止対策が打ち出されました。

★職場内における安全衛生活動の総点検を実施 ★雇入れ時教育、新規入場者教育等の効果的な安全衛生教育の実施 ★墜落・転落災害の防止対策等の実施 ★転倒災害防止対策の実施を図る等の要請があります。労働災害を防止する為、労使共に責任ある行動の取組みを今一度ご確認下さい。


建協会報平成29年新年号の原稿募集

締切11月4日まで



ページトップ