京都府建築工業協同組合 職人の伝統と精神を守る建築組合

ホーム > お知らせ
 

お知らせ


平成30年度 予算総代会が開催される

  • 平成30年度 予算総会
  • 平成30年度 予算総会

京都府建築工業協同組合平成30年度予算総代会が、3月27日(火)京都タワーホテルにおいて開催されました。
予算総代会の成立と開会宣言に続いて議長選出に移り、満場一致で川端支部の総代、竹内智治氏が議長に選出されました。
議長は、京都府建築工業協同組合平成30年度事業計画並びに予算案について説明を求め、竹内専務理事の説明に続いて審議の結果満場一致拍手で承認されました。
総会終了後平成29年度の組合行事・事業の実施において、様々にご協力をいただいた組合役員、各支部役員、女性班や青年部などの皆さんと慰労会を開催、1年間の労をねぎらい懇親を深めると共に新しい年度への結束を固めました。


建築組合 大ちゃんチャリティーバザーのご報告

今年で5年目を迎える大ちゃんチャリティーバザーは、去る3月18日(日)組合本部の一階ガレージにおいて開催されました。
バザースタッフの皆さんにはバザーの商品集めから始まり、組合近隣地域の各戸約700軒への案内チラシの配布、商品への値段付けや売り場の設営、当日の販売そして後片付けと忙しくご協力いただきました。ご苦労様でした、ありがとうございます。
お客さんにはリピーターの姿も見えて、大ちゃんバザーも回を重ねて定着してきたようで今回も沢山のお客さんを迎える盛況となりました。売上金 61,060円は、京都新聞社社会福祉事業団へ寄付をしました。
バザー商品をご提供いただいた組合員の皆さん、本当にありがとうございました。
次回のバザー開催は、2年後の平成31年度中の予定です。

建築組合 レクリェーションのお知らせ

  • 開催場所:リトルワールド
  • 開催日:6月3日(日)

組合恒例、さわやかな初夏のレクリェーション大会の行先は、リトルワールドです。
本館展示室では世界90ヵ国から収集した約6千点もの民族資料が常設展示されており、「進化」「技術」「言語」「社会」「価値」の5つのテーマに沿って世界全体を眺める事ができます。
また、一周2.5qの周遊路には世界の民家が移築・復元されており、大変見応えがあります。
園内の売店で世界のグルメを食べ歩きながら各国の雰囲気を満喫したり、レストランで落ち着いて 食事をしてみたり…。甘党の方には嬉しいスウィーツフェアも開催中です。
そして、目玉のロシアサーカスや古代インカ帝国の「太陽のお祭り」など、無料のイベントも盛り沢山。
もちろん、世界のユニークなお土産を見て廻るのも、人気の民族衣装体験(有料)も楽しいです。ご家族そろって、ぜひご参加ください。 
受付は各支部で。申込締切は4月25日。


京都市「平成30年度 木造住宅耐震化支援事業」のご案内

京都市の「木造住宅耐震化支援事業」では、この平成30年度より、耐震改修の助成事業において一般的な木造住宅(在来工法)と京町家(伝統構法)のどちらも補助限度額が引き上げられました。
◎事前に耐震診断士の派遣を受け、審査・計画書等々の書類を提出して工事契約・着手前に申請します。

一般的な木造住宅(在来工法) 京町家(伝統構法)
昭和25年に制定された建築基準法に基づく、一般的な構造 主に昭和25年以前に建築されており、伝統的な技術による家屋
補助限度額 左記の@〜Bのうち、いずれか少ない額
  • @補助対象費用の80%
  • A一戸あたり最大100万円
  • B長屋等の場合、一棟あたり最大500万円
  • @補助対象費用の80%
  • A一戸あたり最大120万円
  • B長屋等の場合、一棟あたり最大600万円


◎手続が簡単で、費用負担が少なくて済み、かつ耐震性が確実に向上する工事をあらかじめメニュー化し、その木造住宅耐震改修工事の費用の一部が補助される「まちの匠の知恵を活かした耐震リフォーム」では下記メニューの補助限度額が引き上げられました。

  • 京町家(伝統構法)における土壁の新設 20万円→60万円
  • 京町家(伝統構法)における土壁の修繕 20万円→40万円
※詳細のお問い合わせ、または補助金の申請とご相談は、「京 安心すまいセンター」ヘ
受付時間:午前9時30分から午後5時まで   休館:水曜日、祝日、年末年始
〒604-8186 中京区烏丸御池東南角 アーバネックス御池ビル西館4階
TEL:075-744-1631  FAX:075-744-1637


京都建築専門学校 二級建築士試験対策講座 ご案内

〜低授業料、全国平均を上回る合格率、基礎力充実、応用力・実践力向上サポート〜
≪開催場所≫京都建築専門学校

学科講習

  • 期  間     4月15日(日)〜6月29日(金)の間に47回  月曜〜金曜19:00〜21:30
  • 受 講 料    100,000円 (京都建築専門学校卒業者は60,000円)
  • テキスト代   6,480円 学校で販売
  • 申込締切   4月13日(金)

設計・製図講習

  • 期  間     7月15日(日)〜9月2日(日)の間に11回
  • 受 講 料    80,000円 (京都建築専門学校卒業者は50,000円)
  • テキスト代  未定 (課題発表後に決定)
  • 申込締切   7月31日(金)

≪問い合わせ先≫京都建築専門学校  TEL075-441-1141  上京区下立売東堀川東入ル

「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の実施について 京都労働局より

ゴールデンウィークあたりからどんどん気温があがり、屋内外で作業される方には、つらい時期となってきますが、本年度も環境省から「職場における熱中症予防対策」の浸透を目的としたキャンペーンが実施されます。
キャンペーン期間は5月1日〜9月30日で、政府全体の取組である熱中症予防強化月間の7月は、重点取組期間。そして、4月は準備期間に充てるよう設定されています。
各事業場でも重篤な災害を防ぐために、WBGT値の把握、作業環境の見直しや緊急時の対応等をあらかじめ検討し、熱中症予防対策の徹底を図ってください。 ※WBGT値…暑さ指数。スマホから環境省熱中症予防サイト参照

各事業場での実施事項

  • @WBGT値の把握
  • A休憩時間を一定時間ごとに十分確保することや、熱への順化期間を設けること等をあらかじめ見積もった作業計画を事前に検討し策定する
  • B通風や冷房設備の設置など設備対策の検討
  • C休憩場所の確保の検討
  • D服装等の検討
  • E教育研修の実施
  • F熱中症予防管理者の選任及び責任体制の確立
  • G緊急事態の措置

ページトップ